このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

Excelでチェックボックスを作る方法 / レ点の数を集計する方法

今回はExcelでチェックボックスを作る方法を紹介します。

リモートワークやペーパーレスの推進で、アンケートを印刷しないで使うことが増えてきました。

印刷するなら文字の「□」などを使えばいいですが、印刷しないで使うならそういうわけにもいきません。

詳しくは後述しますが、「開発タブ」内の機能を使えばクリックするとレ点の付くチェックボックスを作ることができます。

また、レ点の入ったチェックボックスをExcel関数で集計することもできるので是非活用してみてください。

チェックボックスを作成する方法

開発タブを表示させる

レ点の入るチェックボックスは開発タブにボタンがあります。

そのため、まずは下記の記事を参考に開発タブを表示させましょう。
画像付きなのでサクサクっとすぐに表示できますよ。

チェックボックスを作成する

開発タブを表示させたら後は簡単です。

画像のように挿入ボタンを押して、その中にチェックボックスのボタンがあります。

クリックするとレ点の付くチェックボックス

するとこのようなチェックボックスが作成されます。

試しにクリックしてみてください。レ点が付くはずです。

「チェック1」を消す

最初は「チェック1」という文字が入っていますが、右クリックをして「テキストの編集」を押すと文字を削除することができます。(もちろん違う文字に変えることも)

チェックボックスを動かす方法

チェックボックスの動かしたい場合は、一度右クリックをすると動かせるようになります。

Altキーを押しながら動かす

また、Altキーを押しながら動かすとセルの中心などちょうど良い場所に動かすことができます。

チェックボックスのレ点の数をExcel関数で集計する方法

ここからはチェックボックスのレ点の数を集計する方法を紹介します。

コントロールの書式設定

まずはチェックボックスを右クリックして「コントロールの書式設定」をクリックします。

コントロールの書式設定

次に「コントロール」タブを選択し、「リンクするセル」欄の右端のボタンを押します。

コントロールの書式設定

このような横長のウィンドウが表示されるので、どこかセルを選択してください。(このセルを用いて集計します)

コントロールの書式設定

セルを選択したら右端のボタンを押します。これで準備は完了です。

レ点を付けると選択したセルがTRUEになる

チェックボックスにレ点を付けると、選択したセルがTRUEになるはずです。

そして、レ点を外すとFALSEに変わります。

レ点の数をExcel関数で集計

そのため、=COUNTIF(B1:B2,TRUE) のようにTRUEの数を数える関数を用意しておけばレ点の入った数を簡単に集計することができます。

アンケートに答える人も集計する人もどちらも一気にラクになるので活用してみてください。

《もっとExcelを知りたい人へ》

created by Rinker
¥1,725 (2024/02/29 16:16:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,376 (2024/02/29 17:12:53時点 Amazon調べ-詳細)

Excel

Posted by やろまい