【Excel】フィルターで範囲指定できない時の対処法

Excelのフィルター機能、便利ですよね。

ただ、イメージしていた範囲をフィルターで指定できないことがあります。

イメージした範囲をフィルターできていない

例えばこんなふうに、間に空行があると全データをフィルターできないことがあります。

今回はフィルター範囲をイメージ通りに指定する方法を紹介します。

フィルターを範囲指定する方法

対処方法は割と簡単です。

フィルターをかける時に、データの入ったセルを選択しておくのです。

列全体を選択⇒フィルターボタン

画像のように対象データの列全体を選択した状態で、フィルターボタンを押します。

列全体がフィルターされている

すると、このように空行に関係なく、列全体がフィルターできます。

なぜ全データをフィルターできないのか

先頭を選択してフィルター×

フィルターは便利な機能のため、行の先頭だけ選択した状態でもフィルターを追加することができます。

しかし、Excelは優秀なソフトなので間に空行があると「データ範囲はここまでなのだな」と自動的に判断してくれます。

そのため、先頭を選択しただけだとイメージ通りのフィルター設定ができないことがあるのです。

データの選択範囲に困ったら、列全体を選択してからフィルターボタンを押すようにしましょう。

VBAが難しいと感じたら
プロにお任せして代わりに作ってもらってはいかがでしょう?
VBAの作成依頼はこちらから

《VBA中級者向けの本》
VBA上級者を目指したい人にはパーフェクトExcel VBA一択です。

created by Rinker
技術評論社
¥3,608 (2022/12/08 14:44:42時点 Amazon調べ-詳細)

他の「VBA」の記事はこちらからどうぞ

VBA

Posted by やろまい