このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【Excel】セルの書式で曜日を表示させる方法

Excelで日付と一緒に曜日を表示させたいときがありますよね。

Excelの機能を使えば、上の画像のように曜日を表示させることができます。

日付を入れるだけで自動的に曜日が表示できるので活用してみてください。

この記事では↓の内容が分かります。

  • セルの書式で曜日を表示させる方法
  • Excel関数で曜日を表示させる方法

セルの書式で曜日を表示させる方法

セルの書式で曜日を表示させる方法は以下の4ステップになります。

画像付きなので見ながら試してみてください。

①日付を入力したセルを選択する。

②右クリックして「セルの書式」をクリックする。

③ユーザー定義をクリックする

④種類欄に(aaa)を追加する

これで日付の後ろに曜日が表示されているはずです。

曜日はaaaの他にも下表のような表示形式を選べます。

種類表示形式(金曜日の場合)
aaaa金曜日
dddFri
ddddFriday
曜日の表示形式

Excel関数で曜日を表示させる方法

「セルの書式」以外にもExcel関数で曜日を表示させる方法もあります。

曜日の表示にはTEXT関数を使います。

上の画像のようにすると、日付に合わせた曜日が表示されます。

=TEXT(日付のあるセル,"aaa")

TEXT関数はこのように書きます。かっこ内の1つ目に日付のあるセルを、2つ目に"aaa"と入力します。
ダブルクォーテーション(“)を忘れないようにしてください。

するとセルの日付に合わせた曜日が表示されます。

曜日だけを別のセルに表示させたいときに活用してみてください。

なお、こちらもaaaの他にも下表のような表示形式を選べます。

種類表示形式(金曜日の場合)
aaaa金曜日
dddFri
ddddFriday
曜日の表示形式

《もっとExcelを知りたい人へ》

created by Rinker
¥1,725 (2024/02/29 16:16:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,376 (2024/02/29 17:12:53時点 Amazon調べ-詳細)

Excel

Posted by やろまい