このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【VBA】Excelファイルを上書き保存する方法(Saveメソッド)

今回はVBAでExcelファイルを上書き保存する方法を紹介します。

この記事では↓の内容が分かります。

  • 上書き保存する方法
  • 保存後にファイルを閉じる方法
  • 保存時の警告メッセージを無視する方法

VBAが難しいと感じたら
プロにお任せして代わりに作ってもらうのはいかがでしょうか?
マクロの作成請負をしていますので、こちらからご相談ください。

Excelファイルを上書き保存する方法(Saveメソッド)

Sub Sample1()
    
    'アクティブなExcelファイルを上書き保存
    ActiveWorkbook.Save
    
    'アクティブなExcelファイルを閉じる
    ActiveWorkbook.Close
End Sub

Excelファイルを上書き保存するには、WorkbookのSaveメソッドを使います。

サンプルコードではアクティブなExcelファイルを上書き保存しています。

また、上書き保存してファイルを閉じてしまいたい時は、WorkbookのCloseメソッドを使いましょう。

このコードでは上書き保存をした後に、そのままExcelファイルを閉じるようにしています。

ちなみに上書き保存ではなく、名前を付けて保存をしたいときはSaveAsメソッドを使います。

警告メッセージを無視する方法

上書き保存をするときに、すでに同じ名前のファイルがあると警告メッセージが表示されます。

Excelファイルを新規作成して「Book1.xlsx」で上書き保存しようとすると同名ファイルがあるかもしれません。

Sub Sample2()
    
    '警告メッセージを表示しない
    Application.DisplayAlerts = False
    
    'アクティブなExcelファイルを上書き保存
    ActiveWorkbook.Save
    
    '警告メッセージを表示する
    Application.DisplayAlerts = True
End Sub

この警告メッセージを表示させないためには、「Application.DisplayAlerts = False」とします。

Falseとすると警告メッセージが表示されません。

Falseとした後に上書き保存をして、最後にTrueへ戻せば警告メッセージを表示させることなく上書き保存ができます。

VBAが難しいと感じたら
プロにお任せして代わりに作ってもらうのはいかがでしょうか?
マクロの作成請負をしていますので、こちらからご相談ください。

VBA

Posted by やろまい