このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【VBA】ドキュメントフォルダのパス取得方法(特殊フォルダ)

2024年6月25日

ドキュメントフォルダのパス取得方法(特殊フォルダ)

今回はVBAでドキュメントフォルダのパスを取得する方法を紹介します。

ドキュメントフォルダのパスは「C:\Users\ユーザ名\Documents」となっており、ログインユーザによって変わります。

そのため、このパスをそのままマクロに書くと1人のユーザーしか使えなくなってしまいます。

マクロでドキュメントフォルダを指定するときは、通常のパスではなく今回紹介する方法を使いましょう。

VBAが難しいと感じたら
ココナラにてVBAの作成依頼を受け付けています。
ご依頼・ご相談はこちらから

ドキュメントフォルダのパスを取得する方法

Sub GetDocumentFolderPath()
    
    'Windows Script Hostのオブジェクトを取得
    Dim wsh As Object
    Set wsh = CreateObject("WScript.Shell")
    
    Debug.Print wsh.SpecialFolders("MyDocuments")
    
End Sub

このプログラムを実行すると、「C:\Users\ユーザ名\Documents」のパスがイミディエイトウィンドウに表示されます。

この方法であれば、ユーザ名が自動的にログインしている人の名前となるため、誰でもマクロを使うことができます。

《VBA上級者になりたい人へ》
VBA上級者を目指したい人にはパーフェクトExcel VBA一択です。
この本を読み切れば間違いなくVBA上級者になれます。

created by Rinker
技術評論社
¥3,608 (2024/07/13 02:32:47時点 Amazon調べ-詳細)
VBAが難しいと感じたら
ココナラにてVBAの作成依頼を受け付けています。
ご依頼・ご相談はこちらから

VBA

Posted by やろまい