このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【VBA】Excel関数を使う(呼び出す)方法(WorksheetFunction)

2023年4月29日


今回はVBAでExcel関数を使う方法を紹介します。

VBAが難しいと感じたら
ココナラにてマクロ(VBA)の作成代行を始めました。
ご依頼はこちらから

VBAでExcel関数を使う(呼び出す)方法

Sub WorksheetFunctionSample()
    
    'A1~A100セルの値が合計される
    Debug.Print WorksheetFunction.Sum(Range("A1:A100"))
End Sub

サンプルコードではSum関数を呼び出ししています。

このようにWorksheetFunction.Excel関数名とするとExcel関数をVBAで使うことができます。

インテリセンス

ちなみに、WorksheetFunction.まで書くとExcel関数が候補表示されます。

VLookupなどの長い関数を使うときは活用してみてください。

WorksheetFunctionを使うときの注意事項

Excel関数をVBAで使うとExcelシートとは違いエラーとなることがあります。

詳細は下記記事をご覧ください。

《その他参考記事》

VBAが難しいと感じたら
ココナラにてマクロ(VBA)の作成代行を始めました。
ご依頼はこちらから

VBA

Posted by やろまい