このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【VBA】ノットイコール演算子「<>」の使い方を紹介

2024年3月28日

今回はVBAのノットイコール演算子の使い方を紹介します。

ノットイコール演算子は、If文などで2つの値が一致しているかを判定するために使います。

簡単なサンプルコードとともに使用例を紹介するので確認してみてください。

VBAが難しいと感じたら
ココナラにてマクロ(VBA)の作成代行を始めました。
ご依頼はこちらから

ノットイコール演算子「<>」の使い方(数値比較)

Sub 数値の比較()
    Dim x As Integer
    Dim y As Integer
    
    x = 5
    y = 10
    
    If x <> y Then
        MsgBox "xとyは等しくありません。" ' このメッセージボックスが表示されます。
    Else
        MsgBox "xとyは等しいです。"
    End If
End Sub

xとyが違う値のとき、x <> yはTrueとなります。

そのため、If x <> y Thenと書くとIf文の中身が実行されます。

サンプルコードではxとyが違う値なのでIf文の中身が実行され、"xとyは等しくありません。" というメッセージが表示されます。

ノットイコール演算子は、VBAプログラムで異なる値を比較する際に非常に役立ちます。

ノットイコール演算子「<>」の使い方(文字列比較)

Sub 文字列の比較()
    Dim x As String
    Dim y As String
    
    x = "a"
    y = "b"
    
    If x <> y Then
        MsgBox "xとyは等しくありません。" ' このメッセージボックスが表示されます。
    Else
        MsgBox "xとyは等しいです。"
    End If
End Sub

ノットイコール演算子は数値だけでなく、文字列の比較にも使えます。

サンプルコードでは文字列のxとyを比較しています。

中身の文字列は"a"と"b"で異なるため、If文の中身が実行されるのが分かります。

関連記事

VBAが難しいと感じたら
ココナラにてマクロ(VBA)の作成代行を始めました。
ご依頼はこちらから

VBA

Posted by やろまい