このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【Python】enumerate関数の使い方を紹介

今回はPythonのenumerate関数の使い方を紹介します。

enumerate関数を使うと、forループなど要素と同時にインデックス数を得ることができます。

処理をX回で抜けたい、といったときに便利なので活用してみてください。

この記事では↓の内容が分かります。

  • enumerate関数の使い方
  • enumerate関数のインデックスを0以外から始める方法

Pythonのfor文の使い方については↓記事をご覧ください。

enumerate関数の使い方

fruits = ['apple', 'banana', 'mango'] 
for index, fruit in enumerate(fruits): 
  print(index, fruit) 
 # 実行結果 
 # 0 apple 
 # 1 banana 
 # 2 mango 

enumerate関数は引数にリストなどのイテラブルオブジェクトを入れて使います。

サンプルコードのようにfor文でenumerate関数を使うとインデックスと要素を同時に得ることができます。

fruits = ['apple', 'banana', 'mango'] 
for index, fruit in enumerate(fruits): 
    print(index, fruit) 
    # 2回だけ実行したい 
    if index == 1: 
        break
    # 実行結果 
    # 0 apple 
    # 1 banana 

例えばループ処理を2回だけ実行したいのであれば、サンプルコードのようにインデックス数でif文を書けば簡単にループを抜けることができます。

インデックスを0以外から始める方法

fruits = ['apple', 'banana', 'mango'] 
for index, fruit in enumerate(fruits, 3): 
    print(index, fruit) 
    # 実行結果 
    # 3 apple 
    # 4 banana 
    # 5 mango

enumerate関数の第2引数に数値を入れると、インデックスの開始数を変えることができます。

サンプルコードでは引数に3を指定して、3, 4, 5としています。

《VBAからPythonを考えている人へ》
 ※kindle unlimitedなら無料

Python

Posted by やろまい