このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【Python】abs関数の使い方を紹介

Pythonのabs関数は、与えられた数値の絶対値を返す組み込み関数です。

数値の値が正の場合はそのままの値を返し、負の場合は符号を反転させた値を返します。

abs関数の使い方

abs関数の使用例は次のようになります。

print(abs(5)) # 出力: 5
print(abs(-3)) # 出力: 3
print(abs(0)) # 出力: 0

abs関数は、整数や浮動小数点数などの数値型に対して使用できます。

abs関数は数学的な演算子|x|と同じ結果を返します。

TypeError: bad operand type for abs(): 'str’

print(abs("hello"))
# TypeError: bad operand type for abs(): 'str'

abs関数は数値以外の引数を渡すとTypeErrorが発生します。

《VBAからPythonを考えている人へ》
 ※kindle unlimitedなら無料

Python

Posted by やろまい