このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【VBA】フォントを変更する方法

2023年11月17日

今回はマクロでセルのフォントを変更する方法を紹介します。

この記事では↓の内容が分かります。

  • フォントを変更する方法
  • 文字サイズを変更する方法

セルの色を変更したい場合は下記の記事をご覧ください。

VBAが難しいと感じたら
ココナラでVBAの開発請負を行っています。
お気軽にご相談ください。

マクロでセルのフォントを変更する方法

Sub Sample()
    With Range("A1").Font
        .Name = "Meiryo UI" 'フォント
        .Size = 20 '文字サイズ
    End With
End Sub

サンプルコードを実行するとセルのフォントと文字サイズが変更されます。

フォントの変更はFontオブジェクトを使って行います。

Range.FontとするとセルのFontオブジェクトが取得できます。

あとはFontオブジェクトの各プロパティ(NameやSizeなど)を変更するとセルのフォントが変更されます。

フォントや文字サイズ以外にもFontオブジェクトによって色々な変更を加えることができます。

Fontオブジェクトのプロパティで変更できる内容を↓でまとめたのでご覧ください。

Fontオブジェクトのプロパティ一覧

プロパティ効果
Backgroundテキスト背景の種類
Bold太字
Color文字色
ColorIndex文字色
FontStyleフォントスタイル
Italic斜体
Nameフォント名
Size文字サイズ
Strikethrough取り消し線
Subscript下付き文字
Superscript上付き文字
Underline下線
Fontオブジェクトのプロパティ一覧

VBAが難しいと感じたら
ココナラでVBAの開発請負を行っています。
お気軽にご相談ください。

VBA

Posted by やろまい