このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【VBA】ノットイコール(一致しない)のやり方

2024年3月15日

VBAでは、条件分岐でノットイコールを使う場合、<>演算子を活用します。

たとえば、変数aが変数bと等しくない場合の条件は、次のようになります。

If a <> b Then
    ' 変数aと変数bが等しくないとき実行されるコード
End If

このコードでは、変数aと変数bが等しくない場合だけIf文の中身が実行されます。

VBAが難しいと感じたら
ココナラにてマクロ(VBA)の作成代行を始めました。
ご依頼はこちらから

ノットイコールの使用例

例えば、変数 a と b の値が異なる場合にメッセージを表示するVBAコードは次のようになります。

Sub CheckNotEqual()
    
    Dim a As Integer
    Dim b As Integer
    
    ' aとbに適当な値を設定
    a = 10
    b = 20
    
    If a <> b Then
        MsgBox "aとbは異なります。"
        
    Else
        MsgBox "aとbは等しいです。"
        
    End If
    
End Sub

この例では、a と b が異なる場合に「aとbは異なります。」というメッセージが表示されます。

必要に応じて、変数の型や比較対象の変数の値を変更してください。

関連記事

VBAには<>の他にNot演算子というものもあります。

VBAが難しいと感じたら
ココナラにてマクロ(VBA)の作成代行を始めました。
ご依頼はこちらから

VBA

Posted by やろまい