【VBA】グループ化の解除を全ての図形に対して行う方法

【VBA】グループ化の解除を全てのオートシェイプに対して行う方法

今回は全ての図形に対してグループ化を解除する方法を紹介します。

グループ化の解除は簡単そうに見えて、少し工夫が必要です。

二重にグループ化されていると1回解除してもグループ化が残る

グループ化は1回だけではなく、グループ化された図形をさらにグループ化することができます。

そのためFor Eachループですべての図形のグループ化解除をしても、グループが残ることがあります。

この記事では何重にもグループ化されていてもすべてのグループ化を解除できる方法を紹介します。

すべての図形に対してグループ化を解除する方法

Sub UngroupAllShape()
    '''アクティブシート上のすべての図形に対してグループ化を解除
    
    Dim existGroup As Boolean
    
    ''existGroupがTrueの間はループ処理する
    Do
        existGroup = False 'フラグの初期化
        
        Dim oneShp As Shape
        For Each oneShp In ActiveSheet.Shapes
            
            ''グループ化されているか判定
            If oneShp.Type = msoGroup Then
                
                'グループ解除かつフラグをTrueに
                oneShp.Ungroup
                existGroup = True
            End If
        Next
        
        ''グループ化されたオブジェクトが1つもない⇒ループ処理終了
        If existGroup = False Then Exit Do
    Loop
End Sub

すべての図形のグループ化を解除するコードはこのようになります。

このコードを実行するとアクティブシート上のすべてのグループ化が解除されます。

グループ化を解除する仕組み

このプログラムのミソはDoループの部分です。

1回ループする度にグループ化されている図形がないかを調べています。

                'グループ解除かつフラグをTrueに
                oneShp.Ungroup
                existGroup = True

そして、グループ化されている図形がある場合はグループ化を解除し、existGroupという変数をTrueにしています。

そして、ここがTrueの場合はもう一度Doループされるようになっています。

最終的にグループ化された図形がなくなり、existGroupがFalseのままとなるとDoループから抜けだす仕組みになっています。

少し長いコードですが、貼り付けるだけで簡単に動くので活用してみてください。

VBAが難しいと感じたら
プロにお任せして代わりに作ってもらってはいかがでしょう?
VBAの作成依頼はこちらから

《VBA中級者向けの本》
VBA上級者を目指したい人にはパーフェクトExcel VBA一択です。

created by Rinker
技術評論社
¥3,608 (2022/12/08 14:44:42時点 Amazon調べ-詳細)

他の「VBA」の記事はこちらからどうぞ

VBA

Posted by やろまい