このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【Python/Tkinter】コピペで使える基本的なGUIを公開

Tkinterでよく使う部品はテキストボックス、ラベル、ボタンの3つです。

今回はこれらの部品を使った画面を表示させるコードをお見せします。

基本的なGUI

お見せするコードでは画像のようなGUIが作成できます。
あとはご自分が使いたいようにカスタマイズしてみてください。

コピペで使える基本的なGUI(テキストボックス, ラベル, ボタン)

import tkinter as tk 
 
 
def btn_pushed(): 
    # ボタンが押された時に実行される関数 
    # テキストボックスに入力された内容をラベルに表示する 
    text = tb.get("1.0", "end") 
    lvl.config(text=text) 
 
 
root = tk.Tk() 
root.geometry("800x500") # Windowの画面サイズを設定 
 
# テキストボックスを作成 
tb = tk.Text(root) 
tb.pack() 
 
# ラベルを作成 
lvl = tk.Label(root, width=20, height=5, text="ラベル") 
lvl.pack() 
 
# ボタンを作成(押すとbtn_pushed関数が実行される) 
btn = tk.Button(root, text="表示", command=btn_pushed) 
btn.pack() 
 
# Windowを表示 
root.mainloop() 

先ほどのGUIを作成しているのは、このプログラムです。

それぞれコメントを付けてあるのですが、テキストボックス、ラベル、ボタンを作成できるようになっています。

少し分かりづらいかもしれないのは、ボタンの部分です。

ボタンを動作させるためには、押したときの動作を定義しておく必要があります。

# ボタンを作成(押すとbtn_pushed関数が実行される) 
btn = tk.Button(root, text="表示", command=btn_pushed) 

動作を定義しているのは、この部分のcommandです。

このcommandに関数を指定します。

すると、ボタンを押したときにcommandで指定した関数が実行されます。

Tkinterで使える部品一覧

今回紹介した3つ以外にもTkinterには様々な部品が存在します。

下記の表で部品をまとめたので、GUIをカスタムしたいときに活用してみてください。

部品特徴
text      文字を入力、表示できる部品を意味します。テキストボックスと呼ばれる
label   文字や画像などを表示する
button   Webページやアプリ内で利用されるようなボタン
entry   Webページやアプリの会員登録、お問い合わせ画面などで利用されるテキストボックスとして利用する
canvas   様々な図形や画像を描画する
listbox   複数の選択肢の中から、1つ以上を選ぶときに使われる入力フォームに利用する
spinbox   Webページやアプリの会員登録、お問い合わせ画面などで利用されるテキストボックスに、右側へ上下のボタンが付いたもの
scrollbar   パソコン操作画面の右側または下側に表示される棒状の操作ツール
scale   ファイルのダウンロード状況やタスクの進捗などを視覚化したもの
menubutton   menubuttonを選択すると、様々なmenuを展開できる入れ物
menubar   パソコン上に表示される選択肢
radiobutton   複数の選択肢の中から、1つを選ぶときに使われる入力フォーム
checkbutton   選択するとレ点が付く、見た目が四角な部品
labelframe   1つ以上のWidgetを取りまとめるもの
frame   1つ以上のWidgetを取りまとめるもの
panedwindow   1つ以上のWidgetを取りまとめて、自由にWidgetの大きさを変更できるウィンドウ
optionmenu   optionmenuを選択すると、様々な選択肢を表示する入れ物
combobox   様々な選択肢を表示して選んだり、文字入力できるリストボックス
scrolledtext   テキストボックスにscrollbarをとりつけたもの
progressbar   ファイルのダウンロード状況やタスクの進捗などを視覚化するもの
treeview   データを階層化して、表を作成するために使う
Tkinterで使える部品一覧

《VBAからPythonを考えている人へ》
 ※kindle unlimitedなら無料

Python

Posted by やろまい