このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【Excelマクロ】外注相場を紹介

2023年11月9日

今回はExcelマクロの外注相場について紹介します。

Excelマクロの外注は大きく次の2つに分けられます。

  • 請負開発の専門業者
  • 個人開発者

色々と選択肢が多いので、費用の相場がどの程度なのか把握しづらいかもしれません。

ここでは、一般的な外注相場と注意すべきポイントについて説明します。

VBAが難しいと感じたら
プロにお任せして代わりに作ってもらうのはいかがでしょうか?
マクロの作成請負をしていますので、こちらからご相談ください。

外注相場の目安(専門業者)

まず、Excelマクロの外注相場の目安として、専門業者に依頼する場合、約10万円が一般的です。

ただし、作成したいマクロの難易度や範囲によって費用は変動します。

難易度による価格差

難しいExcelマクロの開発に関しては、30万円〜100万円程度の費用がかかることもあります。

特に複雑な分岐処理や、メールやWebなど他のアプリを操作などが絡むと費用は高くなっていきます。

外注相場の目安(個人開発者)

一方で、個人開発者に依頼する場合、費用は一般的に1万円から3万円程度で済むことが多いです。

費用を抑えたい場合には、個人開発者への依頼が良い選択肢となってきます。

昔はクラウドワークスやランサーズなどで頼むのが主流でしたが、最近はココナラでマクロの依頼を受けてくれる方が多数います。

ただ、個人開発者だといい加減な人も混じってくるのが問題です。

安価な依頼に注意

最後に注意すべき点として、料金が安すぎるところに依頼することは避けるべきです。

品質や納期の面で問題が生じる可能性が高まります。信頼性のあるプロフェッショナルに依頼することが成功の鍵と言えるでしょう。

5千円〜で受けている方を見つけて見積もりしてもらい、最終的に1〜3万円に落ち着くのがベストだと思います。

《おすすめの個人開発者しゃあさん》

VBAの作成依頼はこちらから

VBAが難しいと感じたら
プロにお任せして代わりに作ってもらうのはいかがでしょうか?
マクロの作成請負をしていますので、こちらからご相談ください。

VBA

Posted by やろまい