このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【Python】リスト(配列)を昇順/降順でソートする方法(sort/sorted)

2023年5月30日

Pythonでリスト(配列)を昇順、降順でソートする方法を紹介します。

どちらもリストのsortメソッドもしくはsorted関数を使用してソートします。

昇順でソートする方法

numList = [1, 100, 6, 5]
numList.sort()
print(numList)
#[1, 5, 6, 100]

このようにリストに対してsortメソッドを使うことにより、昇順ソートが行われます。

降順でソートする方法

numList = [1, 100, 6, 5]
numList.sort(reverse=True)
print(numList)
#[100, 6, 5, 1]

降順でソートしたい場合には、sortメソッドの引数reverseをTrueにします。

sorted関数でソートする方法

組み込み関数のsortedでもソートを行うことができます。

numList = [1, 100, 6, 5]

#昇順ソート
sortedList = sorted(numList)
print(sortedList)
#[1, 5, 6, 100]

#降順ソート
sortedList = sorted(numList,reverse=True)
print(sortedList)
#[100, 6, 5, 1]

sorted関数はソートしたリストを返す関数です。

sortメソッドと1つ大きな違いがあり、sorted関数は元のリストがそのまま残ります。

元のリストを残したい、もしくはソート後に変数名を変えたい場合はsorted関数のが使い勝手が良いです。

【参考】リストを逆順にする方法

昇順や降順ではなく、単にリストの順番を逆にしたい場合はreverseメソッドを使用します。

numList = [1, 100, 6, 5]
numList.reverse()
print(numList)
#[5, 6, 100, 1]

リストには便利なメソッドが用意されているので、適材適所で使っていきましょう。

リスト一覧は下記リンクから見ることができます。

《VBAからPythonを考えている人へ》
 ※kindle unlimitedなら無料

Python

Posted by やろまい