【Python】辞書型でキー(値)の存在を判定する方法(keys/valuesメソッド)

今回はPythonの辞書型変数でキー(値)が存在するか判定する方法を紹介します。

Python2では「has_key」というメソッドがあったのですが、Python3では削除されているため、in演算子を用いて判定する必要があります。

キーの存在を判定する方法

dic = {"key1":"val1", "key2":"val2", "key3":"val3"}
keyExist = "key1" in dic.keys()
print(keyExist)
#True

キーが存在するかの判定は"key1″ in dic.keys()によって行います。

keysメソッドで辞書型変数の全てのキーを取得し、in演算子でキーの中に “key1" が含まれるかを判定しています。

#keysメソッドを省略しても同じ結果となる
dic = {"key1":"val1", "key2":"val2", "key3":"val3"}
keyExist = "key1" in dic
print(keyExist)
#True

なお、キーの存在確認についてはkeysメソッドを省略しても同じ結果を得ることができます。

keysメソッドを記載した方が分かりやすいと思いますが、好みに応じて使い分けてください。

値の存在を判定する方法

dic = {"key1":"val1", "key2":"val2", "key3":"val3",}
valExist = "val1" in dic.values()
print(valExist)
#True

値の存在を判定する場合は、valuesメソッドを用いて行います。

《IT未経験-特化型サービス》



他の「Python」の記事はこちらからどうぞ

Python

Posted by やろまい