このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【VBA】SharePoint上のExcelファイルを開く方法(パスの取得方法)

今回はSharePoint上のExcelファイルをVBAで開く方法を紹介します。

Office365の登場に伴い、SharePointを使う会社も増えてきました。

ファイルサーバーであればフルパスでファイルを開けますが、SharePointにあるファイルは少々勝手が違ってきます。

そこで、SharePointにあるファイルはどのように開けば良いかを紹介します。

VBAが難しいと感じたら
プロにお任せして代わりに作ってもらってはいかがでしょう?
おすすめのVBAプログラマーはこちらから

SharePoint上のファイルパス(URL)を取得する方法

SharePoint上のExcelファイルを開くためには、開くファイルのパス(URL)を取得します。

  1. SharePoint上のExcelファイルを開く
  2. ファイルタブを選択する
  3. ファイルパスをコピーする

ファイルパスはこの3ステップで取得することができます。

まずは、SharePoint上のExcelファイルを1つ開いてください。

リボンのファイルタブを選択します。

「最近使ったアイテム」に開いたファイルが出てくるので、右クリック⇒「パスをクリップボードにコピー」を押します。

これでクリップボードにhttpsから始まるファイルパス(URL)がコピーされます。

あとはこのファイルパス(URL)を使って、ファイルを開くだけです。

Sub Sample1()
    
    With Workbooks.Open("ファイルパス(URL)")
        .Sheets(1).Range("A1").Value = "hogehoge"
    End With
End Sub

サンプルコードのファイルパス(URL)の部分にコピーした内容を貼付けてください。

実行するとSharePoint上のExcelファイルが開き、A1セルにhogehogeと入力されるはずです。

このようにファイルパス(URL)を取得さえすれば、自由にファイル操作することができます。

VBAが難しいと感じたら
プロにお任せして代わりに作ってもらってはいかがでしょう?
おすすめのプログラマーを紹介しています

《VBA中級者向けの本》
VBA上級者を目指したい人にはパーフェクトExcel VBA一択です。

created by Rinker
技術評論社
¥3,608 (2024/02/29 15:48:28時点 Amazon調べ-詳細)

VBA

Posted by やろまい