このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【VBA】改行コードを削除する方法(改行コードは3種類)

今回は改行コードを削除する方法を紹介します。

削除自体はReplace関数(文字列を置換できる関数)を使えば簡単です。

ですが、改行コードはLf , Cr, CrLfの3種類があるため、どの改行コードを削除するのか気を付ける必要があります。

ひとまず、すべての改行コードを削除するサンプルも載せますので、とりあえず削除したい方はコピーして使ってみてください。

この記事では↓の内容が分かります。

  • 改行コードを削除する方法
  • 改行コードの種類とその違い

VBAが難しいと感じたら
ココナラにてVBAの作成依頼を受け付けています。
ご依頼・ご相談はこちらから

改行コードを削除する方法

Sub Sample1()
    Dim str As String
    str = "strに改行コードを含んだ文字列を入れる"
    
    ''改行コードを削除する箇所
    str = Replace(str, vbLf, "") 'Lfの改行コードを削除
    str = Replace(str, vbCr, "") 'Crの改行コードを削除
End Sub

改行コードを削除するには、このようなコードを書きます。

改行コードを削除しているのは、Replace関数を使っている最後の2行です。

strに改行コードを含んだ文字列を入れて実行してみてください。

2 つのReplace関数によってすべての改行コードが削除されます。

(Replace関数は特定の文字列を、別の文字列へ変更する関数です。サンプルコードでは改行コードを空文字へ変更することで改行コードを削除しています)

改行コードの種類とその違い(Lf, Cr, CrLf)

説明vbCrLfvbCrvbLf
概要ラインフィード + キャリッジリターンキャリッジリターン (カーソルを先頭に)ラインフィード (次の行へ)
文字コードchr(13)+chr(10)chr(13)chr(10)
改行コードWindows で一般的な改行コードMacOS で一般的な改行コードLinux では一般的な改行コード
例:Windows のメモ帳で改行を入力した場合。・Excel のセル内での改行。 ・Linuxのテキストエディタでの改行。

改行コードにはこの表の3種類があります。

Windowsを使っている場合、Lf , Cr, CrLfのすべての改行コードを使っているかもしれません。

そのため、改行コードをすべて削除するためには、すべてを削除する必要があります。

CrLfはCrとLfを足し合わせたもののため、CrとLfを削除すると自動的に削除されます。

先ほどのサンプルコードは、CrとLfの両方を削除しているため、Lf , Cr, CrLfのすべての改行コードが削除されます。

関連記事

《VBA上級者になりたい人へ》
VBA上級者を目指したい人にはパーフェクトExcel VBA一択です。
この本を読み切れば間違いなくVBA上級者になれます。

created by Rinker
技術評論社
¥3,608 (2024/07/13 02:32:47時点 Amazon調べ-詳細)
VBAが難しいと感じたら
ココナラにてVBAの作成依頼を受け付けています。
ご依頼・ご相談はこちらから

VBA

Posted by やろまい