このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【VBA】Choose関数の使い方

今回はVBAのChoose関数の使い方を紹介します。

VBAのChoose関数は、与えられた選択肢からインデックスに基づいて値を選びます。

Choose関数の基本的な構文は次のとおりです。

Choose(index, value1, value2, …)
  • index: 選択されるインデックス(1以上の整数)
  • value1, value2, …: 選択の値(最大255個まで指定可能)

選択されるインデックス(index)が1の場合、Choose関数はvalue1の値を返します。
インデックスが2の場合、value2の値を返します。

VBAが難しいと感じたら
ココナラにてマクロ(VBA)の作成代行を始めました。
ご依頼はこちらから

Choose関数の使用例

Sub ChooseFunctionExample()
    Dim index As Integer
    Dim result As String
    
    index = 2 ' インデックス2を選択
    result = Choose(index, "Value 1", "Value 2", "Value 3")
    MsgBox "Choose関数の結果は: " & result
    
    index = 3 ' インデックス3を選択
    result = Choose(index, "Value 1", "Value 2", "Value 3")
    MsgBox "Choose関数の結果は: " & result
End Sub

サンプルコードでは、indexの値に基づいてChoose関数が選択された値を返します。

最初の例では、インデックス2なので"Value 2″が選択され、MsgBox関数によってメッセージボックスに表示されます。

2つ目の例では、インデックス3なので"Value 3″が選択されます。

VBAが難しいと感じたら
ココナラにてマクロ(VBA)の作成代行を始めました。
ご依頼はこちらから

VBA

Posted by やろまい