このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

【VBA】シートを削除する方法(メッセージを出さない方法も)

2024年5月16日


今回はVBAでExcelシートを削除する方法を紹介します。

この記事では↓の内容が分かります。

  1. シートを削除する方法
  2. 確認メッセージを出さずにシートを削除する方法シートを削除する方法

VBAが難しいと感じたら
プロにお任せして代わりに作ってもらうのはいかがでしょうか?
マクロの作成請負をしていますので、こちらからご相談ください。

シートを削除する方法

Sub Sample1()
    ActiveSheet.Delete 'アクティブシートを削除
    Sheets("Sheet1").Delete 'Sheet1を削除(シート名で指定)
End Sub

シートの削減にはWorksheet.Deleteメソッドを使用します。

サンプルコードのようにすれば、アクティブシートや指定したシート名のシートを削除することができます。

VBAでシートを削除する場合でも、自分で削除するときと同じように確認メッセージが表示されます。

もし、確認メッセージも出したくないというときは少し工夫をする必要があります。

確認メッセージを出さずにシートを削除する方法

Sub Sample2()
    Application.DisplayAlerts = False '確認メッセージを非表示
    ActiveSheet.Delete 'アクティブシートを削除
    Application.DisplayAlerts = True '確認メッセージを表示
End Sub

確認メッセージを出さずにシートを削除するためには、一時的にメッセージを非表示にします。

そしてこのままだと非表示のままとなってしまうので、シートを削除したあとは確認メッセージを表示するように設定を戻しておきましょう。

VBAが難しいと感じたら
プロにお任せして代わりに作ってもらうのはいかがでしょうか?
マクロの作成請負をしていますので、こちらからご相談ください。

VBA

Posted by やろまい