情報セキュリティマネジメントおすすめテキスト-信頼と実践のTACで決まり

情報セキュリティマネジメント試験は5年前に始まっており、資格試験としての歴史は比較的浅いです。
学習テキストもそう多くはなく、5種類ほどしか出版されていません。

さほど選択肢は多くはないものの、この試験を効率的に学びたいなら資格試験で有名なTACのテキストがオススメです。

このテキストの何がいいのかご紹介したいと思います。

図解が多彩で分かりやすい

この本が何より優秀なのは図解の多さです。

セキュリティが問題となるのは、複数のシステムが絡む場合がほとんどです。
そのため、文章を読んでいるだけだと状況が分からず、学習が進まなくなってしまいます。

その点、資格試験に強いTACであることもあり、分かりやすいイラストで理解できるように工夫されています。

すらすら読めて理解が進みます。

午後の長文問題対策が学べる

情報セキュリティマネジメント試験は午前と午後に分かれており、午後は長文を読んで答える問題となっています。

この本では第4章の95ページが、まるまる午後問題対策のページとなっています。

  • 長文読解を解くコツ
  • 長文問題で問われやすいポイント

こういった得点に繋がるポイントが学べるようになっています。
ここをしっかり取り組めば、長文問題で慌てず冷静に解いていくことができます。

図解で分かりやすく学習したい、長文問題が苦手だなぁ、という方にはTAC出版のこのテキストをおすすめします。

《関連記事》

他の「情報セキュリティマネジメント」の記事はこちらからどうぞ