【Excel関数】特定の文字の左側を取得する関数の組合せ

特定の文字の左側を取得する関数

今回はExcel関数で、特定の文字の左側を取得する関数の組合せを紹介します。

結論からいうと、上の画像のようにLEFT関数とFIIND関数を組み合わせると取得することができます。

=LEFT(文字列,FIND(“文字",文字列)-1)

このような関数になります。

文字列のところに文字全体(画像ではA2セルのABCDEFG)を文字のところに特定の文字(画像では"D")を入力することで実現できます。

Excel関数で苗字を取得

特定の文字をスペースにすれば、フルネームから苗字を取り出すといった使い方もできます。

筆者おすすめのExcel本はこちらです。

created by Rinker
技術評論社
¥1,694 (2022/12/08 18:13:50時点 Amazon調べ-詳細)

他の「Excel」の記事はこちらからどうぞ

Excel

Posted by やろまい