【VBA】連想配列を一次元配列に変換する方法(Dictionary)

連想配列を一次元配列に変換する方法(Dictionary)

今回は連想配列を一次元配列に変換する方法を紹介します。

使うケースは少ないかもしれませんが、私は連想配列の中身をソートするために一次元配列に変換したことがあります。

連想配列を一次元配列に変換する方法

Sub Dic2Arr()
    '連想配列のアイテムを一次元配列へ変換
    
    Dim dic As Object
    Set dic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
    
    dic.Add "key1", "item1"
    dic.Add "key2", "item2"
    dic.Add "key3", "item3"

    Dim oneArr()
    oneArr = dic.Items 'item1~item3の入った一次元配列
End Sub

連想配列を一次元配列に変換するサンプルコードになります。

コードをステップ実行すると、oneArrがitem1~item3の入った一次元配列配列になるのが分かります。

oneArr = dic.Items 'item1~item3の入った一次元配列

ポイントはこの部分で、連想配列でItemsメソッドを使うとすべてのアイテムを配列で返します。

この配列をoneArrで受け取っています。

連想配列のKeyを一次元配列に変換する方法

Sub Keys2Arr()
    '連想配列のKeyを一次元配列へ変換
    
    Dim dic As Object
    Set dic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
    
    dic.Add "key1", "item1"
    dic.Add "key2", "item2"
    dic.Add "key3", "item3"

    Dim oneArr()
    oneArr = dic.Keys 'key1~key3の入った一次元配列
    
End Sub

先ほどは連想配列のアイテムを一次元配列にしましたが、同じようにKeyも一次元配列に変換できます。

oneArr = dic.Keys 'key1~key3の入った一次元配列

連想配列のItemsメソッドを使うとすべてのKeyを配列で返します。

この配列をoneArrで受け取っています。

《VBA中級者向けの本》
VBA上級者を目指したい人にはパーフェクトExcel VBA一択です。

created by Rinker
技術評論社
¥3,608 (2022/07/01 11:26:51時点 Amazon調べ-詳細)

《マクロ作成に困ったら》
自分で作るのが難しいと感じたら、プロに作ってもらう手もあります。
マクロ(VBA)の依頼におすすめのプログラマーを紹介の記事をご覧ください。

他の「VBA」の記事はこちらからどうぞ

VBA

Posted by やろまい