人に頼むのが苦手なら、クッション言葉で相手の気持ちに配慮しよう

2021年6月19日

頼み事するのって、どうも苦手だなぁ

私も人に頼むのが苦手なタイプでした。特にメールでの依頼

ところが、タイトルにも書いたクッション言葉について知り、使い出してみると、とても気楽な気分で人に頼めるのです。

ホント、不思議な気分です

今回は頼み事が苦手な人に向けて、クッション言葉とは何なのか紹介します。

クッション言葉は前置き言葉

クッション言葉は、お願いの前に一言付け加える前置きです。

例を挙げると、このようなものがあります。

  • お忙しいところすみませんが、
  • ご面倒だとは思いますが、
  • 不躾なお願いですが、

この言葉に続けて、自分がお願いしたい事を伝えます。

やってみると分かるのですが、クッション言葉を挟むと嫌な感じがせずに頼み事ができます。

あなたの状況は理解してるんですよ、と伝えているため、カドが立ちにくく、お互い嫌な気分にならないのだと思います

催促する時にもクッション言葉

仕事の依頼の催促にも効果的です

伝えやすいというだけでなく、相手の言い訳を防ぐ効果もあります。

まず「すでにご準備されていたら恐れ入りますが」「お忙しい中すみませんが」「ご面倒だとは思いますが」といったクッション言葉で、簡単に言い訳できない状況を作るんです。

出典:https://www.google.co.jp/amp/s/ten-navi.com/dybe/8129/%253famp

忙しいのは分かっています、と前置きする事で、相手に忙しいんだと言わせるのを防いでしまうのです。

なかなか便利な言い回しなので、会話でもメールでもどんどん使っていきましょう。

こちらの本も人に頼む時の参考になります。

他の「Work」の記事はこちらからどうぞ

Work

Posted by やろまい